スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

富山県へ その3

2014/08/12 10:03

 前回の続きです。
 引き続き瑞龍寺になります。

20140812a.jpg

 大庫裏。調理場のようです。
 防火対策として,天井は木造表しではなく土で覆っています。

20140812b.jpg

 大茶堂へ続く廊下。神秘的です。

20140812c.jpg

 途中にあった仏像。

20140812d.jpg

 大茶堂前の様子。

20140812e.jpg

 大茶道。こちらも,耐火対策として,天井を土で覆っています。

20140812f.jpg

 法堂わきの園庭。綺麗です。

20140812g.jpg

 法堂の廊下。4m幅あり,江戸城と同じ程度あったとか。

20140812h.jpg

 模型が展示されています。屋根の部分かな。

20140812i.jpg

 法堂の模型かな?

20140812j.jpg

 法堂の中の様子。豪華です。

20140812k.jpg

 法堂の端。殿様が座るとこのようです。

20140812l.jpg

 仏殿。
 瓦の色が鉛色なのは,鉛だからだそうです。
 いざというときに鉄砲の弾にするため,鉛の瓦にしたとのこと。260万発にできるとか。
 ただし,決定的な理中は不明。全国的に鉛瓦の事例が2件と少ないため。。

20140812m.jpg

 仏殿の中。国宝です。
 神秘的な雰囲気があります。

20140812n.jpg

 仏殿は,総欅造りとなっています。
 外からは2階建てのように見えましたが,中は1階建てで吹き抜けっぽくなっています。
 通し柱は2本しか無いのがすごいところ。

20140812o.jpg

 仏殿からほん法堂を見たところ。

20140812p.jpg

 禅堂へ続く廊下。

20140812q.jpg

 この禅堂も国宝になります。中には入れません。
 明かりがついて居ますが,当時は暗かったようです。禅は夕方頃が一番良いとのことで,暗くなるようにしていたとか。

20140812r.jpg

 木魚っぽいもの。禅堂では発声は一切禁止だったようで,道具の音で色々なことを知らせていたようです。

20140812s.jpg

 トイレの神様。不浄なものを浄化するようです。

20140812t.jpg

 最後に,山門からみた仏殿。
 綺麗です。
 
 富山へ来る際はぜひよってみてください。


 次回へ続きます。

関連記事

テーマ : ある日の風景や景色 - ジャンル : 写真

おでかけ  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。