スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

週刊戦艦大和を作る@31回目

2010/08/30 12:40

■工具
 作り始めたときから工具は持っていましたが,線が切りにくいや穴が空けにくいなどの問題がありました。そこでよく使う工具をリニューアルしました。
週刊戦艦大和を作る@ForestPhotoNext

ニッパー。彼女さん(今の嫁さん)に,正しいニッパーの選び方を教わりまして,安くていいのを探してきました。とっても切りやすいです。

週刊戦艦大和を作る@ForestPhotoNext

 ぱっと見で,何か分からないかもしれないですがドリルです。元は電動消しゴムの駆動部。
 手持ちのピンバイスを切り,先っちょにセロハンテープを巻いて大きさを調整し,駆動部に挿して使います。職場の上司の方のアイディアです。
 回転数は,指の押さえ方る力を変えて調整します。多少,軸がぶれていますが,少し掘り進めばブレが収まります。
 ない物は作ってしまえという,上司のお言葉。さすがです。


■見張り台周りの作成
 見張り台の後部に突き出している角のような部分のロープを通す穴の作成。
週刊戦艦大和を作る@ForestPhotoNext

 クリップと真鍮線で作ります。クリップの線に真鍮線を1回まきつけます。端の部分をラジオペンチで固定し,クリップを回していきます。クリップを何回かまわして,5mm程度ねじれ線を作ります。
 全部で15個作ります。

週刊戦艦大和を作る@ForestPhotoNext

 1円玉と大きさを比較するとこのような感じです。

週刊戦艦大和を作る@ForestPhotoNext

 拡大したところ。

週刊戦艦大和を作る@ForestPhotoNext

 クリップで作ったロープを通す部品のねじれ部分を1.5mm程度残してニッパーで切ります。
 見張り台後部の角のような部品の裏側に,ドリルで7箇所空けます。このときの穴の大きさは,ねじれ線が入る大きさにします。

関連記事

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル : 趣味・実用

模型  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。