スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

週刊戦艦大和を作る@24回目

2010/08/17 22:02

※前のブログの模型記事データを移行したものです。


今回は艦首甲板と艦尾付近の製作。

●艦尾
週刊戦艦大和を作る@ForestPhotoNext

 艦尾というよりは艦底に近い。
舵周りの土台の製作。整形後に新たに削った木材をつける手順となっており非常に面倒である。。。こんなことなら,船体整形時に一緒にやっておけばよかった。。。
 
 三角材の斜面側を丸く削り,接着。乾燥後パテを盛ってさらに乾燥。
後日,紙やすりで磨き,船体と滑らかにつながるようにする。滑らかというより多少の凸凹があるが,そんなにひどいものではないのでおk。

 次はスクリューを作るか消磁線をはるか迷いどころ。

週刊戦艦大和を作る@ForestPhotoNext

 艦首甲板は下に木板,上に金属板部品をそのまま貼り付けるだけで出来てしまう。
 最初の時点では傾斜が無いので,カッターとヤスリで傾斜をつけていく。

 ここで大きな問題。
 解説書は艦底から最上部までの高さが約80mmと記載されている。これを元に削ったら甲板の大きさと合わなくなってしまった。前左右に約2-3mm程出っ張る形に。
 もともとの高さは約88mmあった。この時点でおかしいと気がつくべきだった。

週刊戦艦大和を作る@ForestPhotoNext

 艦首部は木板を重ねて作るようになっている。
 規定のサイズより厚みがありその結果,通常より高くなっていたのかもしれない。事例的には有るらしい。そういう時は1枚抜くなどのことをやるらしい。。。。

週刊戦艦大和を作る@ForestPhotoNext

 削ってしまったものは仕方ないので余った木材で補修作業
 紙で甲板の大きさを調べ,余った平板を並べて高さ調整。板だけでは高さが合わないため厚紙も仕様。最後にパテを塗って乾燥させる。削りは後日。

 えらく無駄な作業をしてしまった。。。無念。。。

関連記事

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル : 趣味・実用

模型  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。