茨城県自然博物館@外から来た生き物 Youはどうして日本へ? その3

2017/02/19 00:00

 前記の続きです。

20170219a.jpg

 セアカゴケグモ。一時ニュースなどで話題になりました毒雲です。
 茨城県にも侵入していたとは。。

20170219b.jpg

 外来魚の影響。

20170219c.jpg

 オオクチバスなどの剥製。

20170219d.jpg

 魚の30%は外来だという。。思っていたよりもかなり多いです。

20170219e.jpg

 昔は,食用目的が多かったようですが,最近は釣り目的やっペットの放流が多いようです。
 
20170219f.jpg

 本来あるべき地域外に,放流することは外来種にあたるとのこと。

20170219g.jpg
 
 茨城には居なかった天然記念物ですが,誰かが放流したことで本来ありえない場所で,生息が確認されているとか。このれ外来種の扱いになります。

20170219h.jpg

 霞ヶ浦にいる外来魚。

20170219i.jpg

 剥製。すっごく大きな淡水魚なんですね。。。小さい魚は根こそぎ食べられてしまいそうです。。

20170219j.jpg

 霞ヶ浦の外来魚について。意図的に導入したのは4種ですが,その他は全て非意図的のようです。

20170219k.jpg

 外来魚一覧。。かなり多いです。
 
20170219l.jpg

 アマゾンに生息しているピラニアも確認されているとのこと。

20170219m.jpg

 チャネルキャットフィッシュは霞ヶ浦で優占種となっている外来魚。かなり被害が出ているようです。

20170219n.jpg

 爬虫類や両生類についての展示。

20170219o.jpg

 ミドリガメと言われている亀はアカミミガメという品種のことです。
 大きくなると30㎝ほどに大きくなり気性も荒くなるようで,捨てられることが多いようです。

20170219p.jpg

 別の地域で問題となっているカミツキガメ。かまれるとかなりの大けがを負うようです。

20170219q.jpg

 ウシガエル。在来種かとおっていたが外来種だった。。

20170219r.jpg

 食用で持ち込まれたようです。
 鳥肉みたいな感じはしますが,おいしいかといわれると。。。

20170219s.jpg

 実物の亀。
 右下に張られている紙は,飼育許可票の写しです。

 次回へ続きます。
 
関連記事

TAG : 茨城県

テーマ : 茨城県 - ジャンル : 地域情報

おでかけ  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する