スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

茨城県自然博物館@外から来た生き物 Youはどうして日本へ? その1

2017/02/18 00:00

 茨城県坂東市にある,茨城県自然博物館に来ました。
 今回は,企画展を見ることが目的です。

20170218a.jpg

 位置口のあるオブジェ。

20170218b.jpg

 企画展のポスター。

20170218c.jpg

 館内の企画展ポスター。外のポスターと内容がかなり異なります。

20170218d.jpg

 企画展入口。

20170218e.jpg

 外来種であるアカミミガメ,オオクチバス,ウシガエル,アメリカザリガニと思われます。

20170218f.jpg

 アカミミガメの成体です。昔,露天等で売られていたミドリガメという亀の大人版です。
 かなり大きいです。

20170218g.jpg

 飼育するなら,最初から最後まで面倒を見る覚悟が必要です。 

20170218h.jpg

 非意図的に入ってくるものもあります。グローバル化によるもの。小さな生き物は防ぎようが。。。

20170218i.jpg

 外来生物は,2,000種以上いるとのこと。

20170218j.jpg

 ヘラクレスオオカブト。逃げ出したものが繁殖するとのこと。

20170218k.jpg

 意図的に連れてこられた外来種。

20170218l.jpg

 非意図的な外来種もありますが,意図的にきた外来種もかなりあるとのこと。
 良かれと思っても現実はうまくいかない、、、といったところでしょうか。

20170218m.jpg

 アライグマは外来種。。。。だったとは。
 いつの間にか,全国制覇していたようです。

20170218n.jpg

 アライグマの子供。確かに可愛いです。

20170218o.jpg

 説明文。ラスカルのことかな??大人になると気性が荒くなるとのこと。そうなると飼育は難しくて,逃がしてしまう人が多いようで。。

20170218p.jpg

 最近、ニュースで聞くことの多くなった「キョン」。小型の動物です。

20170218q.jpg

 歴史的な背景から,中国から来た外来種が多いようです。

20170218r.jpg

 渡り鳥は,自らの力で来るためだ外来種ではないとのこと。

20170218s.jpg

 キジ。左が在来種,右が外来種。よく見ると結構違いますが,認識としてはキジというくくりでしか見ていない。。

20170218t.jpg

 外来種の防除活動も頻繁に行われています。

 次回へ続きます。



関連記事

TAG : 茨城県

テーマ : 茨城県 - ジャンル : 地域情報

おでかけ  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。