スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

週刊戦艦大和を作る@58回目

2011/02/04 00:00

■船体の補強など。。
 色々を調べてみると,艦橋構造物の重みで船体に影響が出てしまうようで。。そこで今回は船体の補強を行います。。。たいした補強ではないですが。。。

週刊戦艦大和を作る@ForestPhotoNext

 この部分は補強というものではないです。
 後部甲板を船体と張り合わせたときに隙間ができてしまいます(白っぽいところ)。

週刊戦艦大和を作る@ForestPhotoNext

 後部甲板を重ねて隙間ができているので,木板を下につけて塞ぎます。

週刊戦艦大和を作る@ForestPhotoNext

 今回使用する補強材@緩衝材です。そこそこ硬めのものを選びます。

週刊戦艦大和を作る@ForestPhotoNext

 骨組みの真ん中を中心に,緩衝材を適当な大きさにカットして詰めていきます。
 余ったものは横部分へ詰めていきます。

週刊戦艦大和を作る@ForestPhotoNext

 船体作成時に余った木材を適当な大きさに切っていきます。次に角の部分を切り落とします。 

週刊戦艦大和を作る@ForestPhotoNext

 適当な大きさに切った木材を,つっかえ棒のようにくっつけていきます。艦橋構造物がある付近は二重にし,そこを中心に抑えていくようにしていきます。

週刊戦艦大和を作る@ForestPhotoNext

 次に横方向に対しての補強です。同じように余った木材を適当な大きさに切っていきます。
 貼り付けられる場所が限られているので事前に確認しておきます。

週刊戦艦大和を作る@ForestPhotoNext

 縦方向に張られている骨組みの下に張り合わせていきます。

 艦橋構造物は金属製であるため,数kgあります。それを木材と緩衝材で支えているため,補強をしてところで気休め程度にしかならないかもしれません。。。骨組みの一部に金属製の部品を使ったほうがいいと思います。。。

関連記事

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル : 趣味・実用

模型  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。